News

CHIZURU NAGAOKA - wearable objects -

自然の造形 都市のオブジェクト ゆらめき

​様々な造形から抽象的なオブジェクトを抽出し、ジュエリーとして落とし込む。

それは、イメージの源である植物や彫刻が持つ"構造の必然”を装いに調和させる。

ジュエリーは「身につける彫刻」と捉え、丹念に形を探り、シンプルながらも

存在感のあるフォルムを。

Silver Jewelry " Spring / Pond / Pool "

Dendritic Agate "Ring & Necklace "

Copper Enamel " Wi...

shitsurai.japon Exhibition

「新年を寿ぐ」

2019.12.27 Fri - 12.28 sat / 12 : 00 - 18 : 00

29 sun / 12 : 00 - 17 : 00

年末の3日間、ANONYMEでは町田等 (shitsurai.japon) の展示販売会「新年を寿ぐ」を開催いたします。

季節を盛る、感謝を盛る。

四季折々の自然と向き合いながら暮らし、目に見えないものに思いを馳せる、そんな日本人特有の豊かな感性から生まれた年中行事。

「室礼-しつらい-」とは、それらの心を物に託して設えるおもてなし...

adachiyukari.

2019.12.14 Sat - 12.24 Tue

Open 14 : 00 - 19 : 00

Closed On Wed / Thu

「連続的に変化する」continuously varying

思考やライフスタイル、人間関係など、私たちは様々なことにおいて、常に変化を繰り返す。

その変化は自由な流れのように見えて、実は決められた反応に準じているだけなのかもしれない。

今回の展示では、そのパターンを探索した新作のジュエリーと、これまで制作してきた作品を紹介します。

ANONYMEでは12月14日(土)からクリ...

Pfutze / flaum

ジュエリーブランド Phutze (プフッツェ) さん http://pfutze.com 製作のガラスオブジェ flaum (フラウム) 。

球状の吹きガラスの中に植物の種子が入っています。

ドイツ語で綿毛という意味の「フラウム」。

ANONYMEではアデニウムとノアザミを置かせていただいております。

ガラスの中に流れるゆっくりとした時間を感じ取れるオブジェです。

アデニュウム / Adenium obesum 

Φ 約125 mm

キョウチクトウ科アデニュウム属の常緑低木。東アフリカ〜アラビヤ南部原産。別...

5月3日(金) ~ 5日(日) の3日間 13:00 ~ 19:30

рынок времени / ルィノク・ヴレメニ - Pop Up Store 開催

「ルィノク・ヴレメニ」はロシア語で「時を売るマーケット」という意味です。

サンクトペテルブルク在住の店主が世界中から蒐めた古代・中世の古美術品を販売しています。

古代ギリシア・ローマ・ビザンツをはじめとした2500〜200年前の指輪やクロスペンダント、 ローマングラスを使ったアクセサリなど、“身につけられる歴史”をご紹介。貴方を時間の旅へと誘います。

また、紅茶専門店マリアージュフレール...

4月26日(金) ~ 28日(日) の3日間 13:00 ~ 19:30

- boutique L A U R - Pop Up Store 開催

2010年より、古い器の仕入れに同行してヨーロッパの蚤の市をまわるうちに、日本では扱われていなかったヴィンテージアクセサリーに惹かれ、集め始める。工業化される前と後、それぞれの素材や製法の違いと魅力を伝えている。

素材を生かした、モダンな感覚で身に着けることができるアンティーク/ヴィンテージのアクセサリー、バッグ、スカーフetc...フランス イタリア ベルギー フィンランドと、ヨーロッパを巡...

3月15日(金) ~ 17日(日) の3日間 13:00 ~ 19:30 Pop Up Store

パリ、香港、在住のファションブロガー @a_unefille@vvn_vvn が運営するセレクトショップ @lapetitequeue 。都内百貨店で12日までPop Up Storeを開催しておりましたが、急遽ANONYMEで開催延長していただくことになりました。

「La Petite Queue」フランス語で小さなしっぽ。

「兎のしっぽは特に必要がなさそう、でもしっぽがなければ可愛さが足りない。そんな宝物を世界にお届けいたします」

...

La Bouquiniste

1900年代から1950年代にかけてのヨーロッパの古本を用いたMinaudière(クラッチバッグ)のシリーズ。

ÉCOLE DE CURIOSITÉS

物語のある服

エコール・ド・キュリオジテ 

その人の人生に寄り添う一着の服。
好奇心を失わない大人たちに選ばれる服を創るために、ÉCOLE DE CURIOSITÉSは、

2016 年秋、パリに誕生しました。 

たとえば、ÉCOLE DE CURIOSITÉSは、イメージのリソースのひとつを 19 世紀末 ─ 20世紀初頭のヨーロッパに求めています。華やかなドレスに...

9/8[土]から、Sprout Curation(東京)で開催される個展
《I'm the Creator of this World, You're One of the Materials Existing in the Universe _私は世界を司る あなたは宇宙に存在する要素》

日々の事柄をフィクションに落とし込み、テクストの形で提示し、同時に、物理的空間においてインスタレーション(あるいはパフォーマンス)として展開する、という作品スタイル。

今回は、ファウンドオブジェクトとしての骨董品が作品価格設定の基点として存在して...

洗練されたシンプルなラインと、身につけることによって新たな景色を発見できるジュエリー。

単一に見える事が、どのように成り立ち、そして形成されていくのか  

ミニマルな形体の中に構造を見つけ、それらを自らの手で切り取り・繋ぎ・削り・磨き

新たな形を構成します。

点の奥行き、線の断面、それらの向こう側を想像するような感覚を大事に。

https://www.adachiyukari.com

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

March 7, 2020

December 5, 2019

September 19, 2019

March 28, 2019

March 13, 2019

September 6, 2018

September 6, 2018

May 1, 2013

Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Copyright (C) 2018 ANONYME. All Rights Reserved.

1-18-13 Chuocho, Meguro-ku, Tokyo 152-0001 JAPAN